東京オリンピック2020聖火リレー/大分県のルートや日程まとめ

さて、2020年東京オリンピック、パラリンピックの組織委員会が6月1日に聖火リレーのルートや概要について発表を行い一月が経ちます。既に応募された方もいると思いますがこのブログでは大分県の聖火リレーについて紹介していきたいと思います。

2019年12月17日聖火リレー詳細ルートが発表されましたので追記しています。

2020年3月24日、安倍首相とIOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長が電話会談を行い、東京五輪の開催を1年程度の延期する方針で一致したことが報道されました。

聖火リレー聖火採火式日程

今回の東京オリンピック聖火リレーでは、121日間をかけて47都道府県をリレーしていきますが、大分県は15番目の登場になります。

聖火リレールート

大分のルートと日程

東京五輪の延期が決定的となり、聖火リレーも白紙となりました。

15番目 4月24日(金)、25日(土)

1日目

市区町村名 出発予定地 到着予定地
別府市 別府市国際観光港多目的広場 的が浜公園
日出町 八日市交差点西 ENEOS西石油SS前
杵築市 市道守末下原線(1) 藩校の門前
国東市 小原バス停 国東市役所
姫島村 姫島港 姫島村役場
豊後高田市 豊後高田市役所 豊後高田商工会議所前
宇佐市 宇佐高校前バス停(1) 呉橋
中津市 中津市立樋田小学校付近 耶馬トピア
日田市 日の出町バス停 中央公園

セレブレーション会場:日田市 中央公園

2日目

市区町村名 出発予定地 到着予定地
玖珠町 メルサンホール駐車場 玖珠川河川敷
九重町 温泉入口交差点 九重”夢”大吊橋 北方ゲート駐車場
由布市 由布院駅前 金鱗湖美術館
竹田市 竹田市役所 竹田市立歴史資料館前
佐伯市 佐伯市歴史資料館前 佐伯市役所
津久見市 ENEOS港町SS 津久見市民会館
臼杵市 臼杵津久見警察署前 臼杵歴史資料館付近
豊後大野市 二宮八幡社前 緒方三郎惟栄館跡
大分市 かんたん港園 祝祭の広場

★臼杵市では、山内流の日本泳法による聖火リレーの実施を予定

セレブレーション会場:大分市 祝祭の広場

セレブレーションについて

1日の最終市区町村では、セレブレーション(各日最終聖火ランナーの到着時に、聖火到着を祝うイベント)が開催されます。セレブレーション会場では、様々なステージプログラムの披露や聖火リレーパートナーの展示ブースのほか、1日の最終聖火ランナーがセレブレーション会場に登場し、聖火を聖火皿に灯すセレモニーが行われます。

引用:東京2020オリンピック公式サイト

みどころ

みどころは、豊後高田市の昭和30年代の町並みを再現した「昭和の町」と呼ばれる地区や、間近で滝を眺めることのできる豊後大野市の原尻の滝、九重連山の壮大な景観を眺めることができる九重“夢”大吊橋などです。

引用:東京2020オリンピック公式サイト

聖火ランナー募集について

前回の東京五輪では16歳~20歳の体力ある人が
選ばれていたようですが、今大会は対象を全ての人とし

・国籍、障がいの有無、性別、年齢(※安全なリレーのために下限年齢を設定)のバランスに配慮しながら、幅広い分野から選定し、開かれたリレーとする。

・地域で活動している人を中心に選定

引用:東京2020オリンピック公式サイト

上記の他にも日々の生活で何事にも諦めずに困難に立ち向かう人や、様々な人々との違いを認め合いながら新しいことに取り組んでいる人などが選考対象者となっています。

又、被災地で復興に貢献した人や、各地域でコミュニティーを作って活動している人、地域を盛り上げている人も対象者になります。

聖火ランナーに応募いただける方

主なポイント

  • 2008年4月1日以前に生まれた方
  • 国籍・性別は問いません
  • 走行を希望する各都道府県にゆかりがある方

「聖火ランナーの基本応募要件」と「応募にあたっての主な注意事項」は以下の通りです。

詳細は、各募集先の聖火ランナー募集要項でご確認ください。

引用:東京オリンピック公式サイト

詳細についてはこちらをご確認下さい

聖火ランナー募集先

先行してスポンサーサイトで募集が始まっています。

コカ・コーラ社は、6月17日から8月31日まで。

TOYOTAは、6月24日から募集開始

日本生命は、6月24日から募集開始

NTTは、6月24日から募集開始

各都道府県実行委員会は2019年7月1日から募集開始予定です。スポンサーサイトで落選しても各都道府県のホームページに情報がアップされますので復活もありえる?!
各応募先に応募しても走行できるのは1回のみです。まあ、そうですよね。

出来る限りたくさんの方に経験していただきですね😁

ゆるキャラたちは着ぐるみを着ているのでエントリーしても選出されないようです。残念。地域への貢献度は素晴らしいものがあるとは思うのですが…

沿道応援、セレブレーション会場で応援しれくれるかもですね。

聖火ランナー著名人(大分県)

アスリート 渡辺一平(水泳)、安倍友惠(マラソン)
スーパーボランティア 尾畠春夫
芸能人 指原莉乃(タレント)、石丸謙二郎(俳優)、芹洋子(歌手)

まとめ

大分県の聖火リレーついての概要が発表されました。又、2019/12/17に大分県の詳細ルートの発表されました。各市町村のリンクを付けていますので興味のある方はチェックしてくださいね。

2020年3月24日、安倍首相とIOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長が電話会談を行い、東京五輪の開催を1年程度の延期する方針で一致したことが報道されました。

ちょうど1年の延期となりそうです。聖火リレーも白紙となりました。コロナウイルスの感染拡大次第で、オリンピックを含む各イベントの開催が危ぶまれています。手洗い、うがい、マスク、換気等出来る範囲のことをして乗り越えて行きたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました