東京オリンピック2020聖火リレー岡山県のルートや日程まとめ

こんにちわ。2020年東京オリンピック、パラリンピックの組織委員会が2019年6月1日に、聖火リレーのルートや概要について発表を行いました。この記事では、岡山県の聖火リレールート、聖火ランナー、コロナウイルス関連にまとめています。

今回の聖火リレーでは、東日本大震災の被災地や各地の世界遺産、名所等をリレーしていくようです。聖火は、2020年3月26日に福島県を出発し、その後全国各地をリレーしていきます。

尚、福島県でのグランドスタートでは、コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、無観客での開催が決定しております。

聖火はどこから

そう!意外と知らないですよね。

どこから聖火をもってくるの?

 

正解は

古代オリンピックが開催されていたペロポネソス半島のオリンピアにあるヘーラー神殿跡で採火が行われています。

方法は、太陽光を凹面鏡(おうめんきょう)に集めて採火し、炉の女神ヘステイアーを祀る11人の巫女が凹面鏡にトーチをかざして火をつけます。

尚、下記はギリシャでのリハーサルの様子です。画像からも分かるように男子禁制の儀式になります。

本当にオリンピックの開催はどうなるのでしょう? 気になるというか本当にコロナのバカ野郎ですね!!

聖火リレー聖火採火式日程

今回の東京オリンピック聖火リレーでは、121日間をかけて47都道府県を巡ります。今回のオリンピック・パラリンピックは、被災地の復興を後押しする大会にもなっているので、聖火リレーのグランドスタートは福島県にあるナショナルトレーニングセンターJヴィレッジに決定しています。

1 Jヴィレッジの軌跡編

26日のグランドセレモニーは、コロナウイルス感染症の対策のため無観客で行うことが17日に大会組織委員により決定しております。

私の街でも、聖火リレーに関する交通規制の立て看板が設置されだしたのですが...

話を戻して、Jビレッジは、地震後、原発事故対応のための中継基地としても利用されました。
又、2018年の夏からはJビレッジ復興プロジェクトとして再始動されています。緑豊かな素晴らしい環境でスポーツが出来るのはとてもいいですよね。空気が綺麗で気持ちよく心地よい汗がかけ楽しく出来そうです。

この福島の地から世界を代表するスーパースターが生まれる日が近くなればいいですね。

 

東京2020組織委員会は、世界最大のスポーツイベントであるオリンピック・パラリンピックを通じて、被災地の方々に寄り添いながら被災地の魅力をともに世界に向けて発信し、また、スポーツが人々に与える勇気や力をレガシーとして被災地に残し、未来につなげることを目指します。

また、東京2020大会が復興の後押しとなるよう、関係機関と連携して取組を進めながら、スポーツの力で被災地の方々の「心の復興」にも貢献できるようにアクションを展開します。

引用:東京2020オリンピック公式サイト

聖火リレールート

 

岡山県聖火リレー、ルートと日程

26番目 5月20日(水)、21日(木)

1日目:5月20日(水)

市町村名 出発地 出発予定時間 到着地 到着予定時間
井原市 衣料品店駐車場 8:30 井原市役所 9:07
高梁市 八重籬神社前 9:25 正宗公園 10:00
吉備中央町 町道高曽線(1) 10:47 きびプラザさんさん広場 11:22
総社市 国民宿舎サンロード吉備路正面玄関前 13:37 備中国分寺 14:12
倉敷市 倉敷美観地区高砂橋前 15:27 倉敷市役所正面玄関前 16:02
岡山市 岡山市役所構内駐車場 17:27 岡山城下の段 18:05

1日目、井原市をスタートして県南部を周り、岡山市、岡山城下の段セレブレーションを実施します。

2日目 21日(木)

市町村名 出発地 出発予定時間 到着地 到着予定時間
玉野市 宇野のチヌ 9:42 宇野港第1突堤 10:27
真庭市 ワイナリー前 10:40 乗馬クラブ付近 11:24
赤磐市 赤磐市熊山支所庁舎出入口 12:17 熊山運動公園 多目的広場 12:52
美作市 現代玩具博物館・オルゴール夢館 15:07 美作市役所 15:42
奈義町 滝本グラウンド 16:52 奈義中央広場 17:29
津山市 岡山県津山陸上競技場 18:39 津山中央公園グラウンド 19:17

2日目は、玉野市からスタートし、県北東部をリレーし津山市でセレブレーションを行います。

セレブレーションとは

1日の最終市区町村では、セレブレーション(各日最終聖火ランナーの到着時に、聖火到着を祝うイベント)が開催されます。セレブレーション会場では、様々なステージプログラムの披露や聖火リレーパートナーの展示ブースのほか、1日の最終聖火ランナーがセレブレーション会場に登場し、聖火を聖火皿に灯すセレモニーが行われます。

引用:東京2020オリンピック公式サイト

コロナウイルスの感染拡大防止の為、セレブレーションを無観客で開催する市町村も出てくると思いますが、岡山県の聖火リレーは5月ですので感染症の拡大次第で変わってくると思います。

岡山県聖火リレー公式詳細資料

下記リンクをクリックしていただきますと、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が作成した資料を閲覧することができます。

 


聖火リレーですが、ずっと走って繋ぐと思ってませんでした?私もその一人だったのですが、1つの市区市町村内で聖火ランナーによるリレーを行った後は、車に乗って移動するそうです。その間、聖火はランタンで保護されるので聖火が消えることはないようですよ。

 

消える瞬間がSNSに上げられたら大問題ですね^^; 又、聖火は「親の火」、「子どもの火」に採火時に分けられ、離島などの遠隔地でリレーをする時は「子どもの火」を先に運搬して利用し、その間「親の火」は使用することはありません。同時刻に「親の火」、「子どもの火」を使うことはなくどちらかの火が使われることになります。

聖火ランナー募集について

前回の東京五輪では16歳~20歳の体力ある人が選ばれていたようですが、今大会は対象を全ての人とし、

・国籍、障がいの有無、性別、年齢(※安全なリレーのために下限年齢を設定)のバランスに配慮しながら、幅広い分野から選定し、開かれたリレーとする。

・地域で活動している人を中心に選定

引用:東京2020オリンピック公式サイト

上記が選考対象者となっています。その地域で何らかの活動をよくしている人が選ばれそうですね。又、被災地で復興に貢献した人や、各地域でコミュニティーを作って活動している人、地域を盛り上げている人も対象者になります。

 

 

聖火ランナー募集先

先行してスポンサーサイトで募集が始まります。

コカ・コーラ社は、6月17日から募集開始

TOYOTAは、6月24日から募集開始

日本生命は、6月24日から募集開始

NTTは、6月24日から募集開始

各都道府県実行委員会は2019年7月1日から募集開始予定です。我こそはと思う方はチェックしておいてくださいね。ただ、選考対象にならない人もいるんで気を付けて下さいね。

 

 

ゆるキャラの聖火隊も見てみたいですよね!!オモチャの聖火を繋いだら!!安全ですし。日本平和やなーって!アピールにもなるような気もするのですが。。。

 

岡山県聖火ランナー著名人

芸能人  
アスリート 有森裕子(マラソン)、川相昌弘(プロ野球)、重友梨佐(マラソン)、高橋大輔(フィギアスケート)、新田佳浩(ノルディックスキー)、森末慎二(体操)、山口舞(バレーボール)

まとめ

聖火リレーの詳細リレーが発表され、各都道府県、各市町村で着々準備が進められていたと思いますが、2020年に入りコロナウイルス感染症が世界で拡大しております。我が国ではなだらかに感染者が増えていますが、回復されている方も増えているので大爆発しないように、手洗い、咳チケット、マスク、換気をよくして根気強く日々を過ごしていきたいですね。

岡山県のコロナウイルス感染症の情報は、県・各市町村の公式サイトにアップされていますので気になる方はチェックして下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました