ロリータモデル青山美沙子の経歴やビンタ事件も!

こんにちわ~。

今日は遅番なので、昨日の残りの

水炊きを食べて出勤に備えております。

鯛焼きに2匹です。

鍋を食べる回数もそろそろ減って

くるかなって季節ですね。

花粉よ早く飛び散ってくれー。

昨晩は目は痒く、鼻はつまり寝苦しい

夜でした。毎年なら薬を服用している

次期ですが、今年は飲むまでに至って

いないので、年を取ったお陰ですかね^^;

さて、皆さん、この方ご存知ですか?

青木美沙子さん

ロリータファッションが似合う可愛い女性です。

年齢…35歳

生年月日…1983年6月3日

出身…千葉県

年齢35歳?本当ですか?

そうは見えないですよね?

私は過去にテレビで見ているかも知れない?

いや確実に見てますね!

多分、ズムサタで定期的に特集される

原宿ロリータ文化で出演されていたと

思います。

この方、一般の素人の方かなって思ってい

たら、

外務省に任命された 「カワイイ大使」さんで

日本の可愛い文化を世界に発信される重要な

ポジションのかたなんです。

どおりで世界の女性がロリータ文化を求めて

原宿に集結しているんですね。

乙女たちのカリスマですね。

その他にも、日本ロリータ協会の会長も

務められています。

活動目的 ロリータニュースの発信
全世界のかわいい大使の募集と任命
お茶会の実施
ロリータブランドやお茶会かカフェの募集
会員の情報交換
学校及び教育機関の募集と任命

えっ!!そんな協会あるんですね!!

ホームページより活動目的を抜粋しました。

ワールドワイドな組織なんでしょうか。。。

定期的にお茶会というイベントを開催

されているのですが、色々な国の方が参加して

おり、カワイイ文化、ロリータ文化に国境は

ないんだなーって思ったことがあります。

View this post on Instagram

#上海#お茶会

A post shared by Misako Aoki (@misakoaoki) on


私がビックリしたのは、ロリータのモデルの

傍ら看護師もされているそうなんです。

モデルの仕事を15歳からされているので

看護師の勉強は相当頑張られたのかなって

推測されます。

色々と調べると少し、残念な記事を見つけた

ので紹介したいと思います。

ご本人が書かれた記事なのですが、

とある医療の勉強会に参加した時に

小さめの帽子を被っていったらしいの

ですが、その帽子を先生が気に入らなかった

らしく。

手でミニハットを叩こうとして

彼女の頬を叩いてしまったそうです。

彼女は勉強の為に一番の前の席に座って

頑張ろうとしていたのに、出鼻をくじかれる

というか、昔の言葉でいうと

「イカれこれ」ですね。

記事を下記に引用させていただきました。


今思うと、先生はビンタをするつもりではなく、頭のミニハットを叩くつもりだったようです。だけどその大きな男の手は、ミニハットの的からちょっとずれて、わたしの左耳と頬っぺたにバチン!と命中したのです。
先生は一瞬、「しまった」という表情をしましたが、すぐに怒りの表情となり「医療の勉強の場に帽子を被ってくるとは何事だ!」と大きくて低い声で怒鳴りました。

引用:現代ビジネス

会場には、たくさんの人がいたとのことで、

とても辛い思いをされたんだなと思います。

何で一言言葉で言えないのか?

疑問に思うところですね!!

先日、社内研修に行きましたけど、

注意事項とかは受付、研修前に説明あるんで

すけどね。少し外れの先生だったかも知れな

いですね。

まとめ

現在35歳の彼女ですが、

日本発祥のロリータ文化の灯りを消さずに

第一線で活躍されています。

また、医療の現場で看護師としても

活躍されこれからの活動も楽しみな女性です。

日本発祥の文化が外国人を魅了する

素敵なことですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました