MISIA絵本「ハートのレオナ」イベントの開催場所/期間について

こんにちわ。 私の好きな歌手の一人でもあるMISIAさんが、初めて手がけた絵本「ハートのレオナ」の企画展が東京で開催されることが発表されました。

この作品はMISIAがアフリカについて沢山の人に親しみを持ってほしいという想いから生まれ、作画は大宮エリーさんが担当されています。

企画展では絵本やオリジナルグッズの販売も行われます。

この記事では、下記について纏めていますのでぜひお役立て下さい。

  • 開催期間/場所/入場料等
  • MISIAついて

開催期間/場所/入場料等について

開催期間 2019年 12月16日(月)~25日(水)
展示時間 11:00~23:00
入場料 無料
開催場所 新丸ビル7F丸の内ハウスライブラリースペース
東京都千代田区丸の内1-5-1
絵本グッズ販売 12月21(土)、22(日)、24(火)、25(水)
12:00~21:00
オリジナルグッズ
ガチャガチャ
常時設置
ハートのレオナ公式サイトはこちら 絵本・グッズの購入も出来ます。

12月16日から東京丸の内ハウス(新丸ビル7階)「ライブラリースペース」で開催されます。

企画展内容

  • 「ハートのレオナ」紹介パネルの展示
  • MISIA、大宮エリーさんのメッセージパネルの展示
  • アフリカ地域全54各国のの情報・国旗紹介パネル・アフリカ大陸の地図の展示
  • MISIA本人による絵本読み聞かせ動画

絵本・グッズ販売

12月21(土)、22(日)、24(火)、25(水)12:00~21:00

※オリジナルグッズの入ったガチャガチャは常時設置されているようです。
※絵本・グッズ販売の収益は、mudefへ寄付され、アフリカ・日本の子供たち
のための活動に使われます。

mudef公式サイトはこちらです。

mudefは、MISIAやGLAYのTAKUROさん、大宮エリーさん等が活動する一般社団法人です。

一般財団法人mudef(ミューデフ)は、「Music +Design」が組み合わさってできた言葉。

「音楽とART」を通じて、地球規模の課題を解決するために設立されました。

「地球と人類が直面する宿題解決をちょっぴりでもお手伝いしたい。国境も言語も人種も超えるチカラを持つ音楽とデザインの特技を活かして!」

そう考えるアーティストがmudefに集い、子どもたちのために、未来の地球のために、様々な活動を行っています。

MISIAについて

  • 生年月日:1978年7月7日
  • 出身地:長崎
  • 本名:非公開
  • 血液型:O型
  • 身 長:小柄です。

5オクターブの音域を発声できる日本を代表する女性シンガーです。デビューシングル「つつみ込むように」でデビューし、日本のR&Bブームの火付つけ役といってもいい存在です。 私は車のラジオで初めて「つつみ込むように」を聞いたのですが、日本にないリズム感というか、素直にかっこいいなと思いました。

MISIA – つつみ込むように…

今聞いても色褪せないカッコよさ、まだ聞いたことがない人には聞いて欲しいなと思います。

デビューしてから、ドームツアーや大きな会場でのコンサート、自然の中で行うライブなど色々な面からファンを楽しませてくれています。

デビューしてからは、ほとんどテレビ等には出演しなかったのですが、近年、「紅白歌合戦」、「さんまのまんま」、「徹子の部屋」等にも出演し、ファンを楽しませてくれています。とてもチャーミングな人なんですよね。

コンサートでは、言葉遣いがとても丁寧だった記憶があります。

徹子の部屋では、子供の頃に黒柳徹子さんがアフリカやアジアに出かけて、訪問先の子供たちの現状を伝える番組をみてビックリしたと話されていました。

彼女が大人になった今でも解決しない問題が沢山あり、アフリカを訪れることになったそうです。

2012年の紅白歌合戦では、アフリカ南西部、ナミビア共和国、ナミブ砂漠から圧倒的な歌唱力を披露しました。 当日は強風、灼熱の中でしたが見事でした。あと、空がとても綺麗で印象に残っています。

 

 

番外編

何繋がり? 思わず吹き出してしまった(笑)

View this post on Instagram

Secret night in NY🗽with MISIA

A post shared by Yuji Ayabe (@yujiayabe) on

 

まとめ

MISIA初の絵本「ハートのレオナ」の企画展が、2019年 12月16日(月)~25日(水)の期間で開催されます。ファンの方やアフリカの現状にしれるいい機会でもあります。興味の有る方はぜひ!入場無料です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました