松竹芸能養成所の学費や入学金、試験内容について【2022】

芸能

新年を迎え将来の道を考える人も多いのではないかと思います。

中には芸能という道に進もうと考えている人も多いのではないでしょうか?

バラエティー番組や劇場、YouTubeなので活躍する松竹芸能の芸人さんの方々をみて、

松竹芸能の養成所について興味を持った方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では松竹芸能の養成所の入学金、学費等ついて紹介していきたいと思います。

芸人さんを目指そうと思っている方に少しでもお役に立てれたらと思います。

スポンサーリンク

【2022】松竹芸能養成所の学費や入学金について

2022年4月生募集中

入学金:50,000円(税抜)
授業料:300,000円(税抜)/年間
※総合講座(必修)+選択科目6科目より3科目選択
追加料金を払うことで選択科目を追加で受講可能
※選択科目を4科目以上受講希望の場合
選択科目1科目追加につき60,000円(税抜)/年間
費用に関しては一括前納で、『学費ローン』の相談も受け付けてくれます。

自分のなりたい将来像にあわせて必修講座と3科目受けたい科目を選択していきます。
4科目以上受けたい人は1科目追加につき追加料金6万円(税抜)が必要です。

 

必修・選択科目内容 実施校
【必修】 総合講座 大阪校/東京校
【選択1】ネタ見せ 大阪校/東京校
【選択2】バラエティ基礎 大阪校/東京校
【選択3】タレント応用 大阪校/東京校
【選択4】演技Ⅰ 大阪校/東京校
【選択5】リポート・ナレーション基礎 大阪校
【選択6】SNS・動画配信応用 東京校

 

スポンサーリンク

カリキュラム内容

 

総合講座(必須)
大阪校 土曜日 13:00から14:30
15:00から16:00
※レッスン内容により、隔週も有り
東京校 隔週土曜日 13:30から15:30
基礎(発声/表現/話術)を重点的に、全てのジャンルに必要な基礎スキル向上、SNS基礎知識、マナー、コンプライアンスセミナー等、芸能界で必要な基礎力を学ぶ。
選択①ネタ見せ
大阪校 毎週火曜日 19:00から21:00

東京校 毎週日曜日 18:00から22:00

現役構成作家や元芸人として活躍していた講師陣からネタ作りについてアドバイスを受けれる。又、見る人に伝わるネタ、個性に合った表現方法、賞レース対策などを学べ、自分達のネタに的確なアドバイスをもらえる。いきなりネタ見せではなく講義を受けてからスタート出来る。この機会に相方等を見つけることが可能。
選択②バラエティー基礎
大阪校 土曜日 13:00から14:30
15:00から16:30
※レッスン内容により、隔週も有り
東京校 隔週土曜日 11:00から13:00
バラエティー番組での基礎となるトーク、ギャグ、大喜利、モノマネなどのスキル。アドリブ力等を学ぶ。
選択③タレント応用
大阪校 月曜日 18:00から19:30
19:45から21:15
※レッスン内容により、隔週も有り
東京校 毎週月曜日 18:00から20:00
コメント力やレポート力、実技レッスン、オーディション対策等を学ぶ。
選択④演技Ⅰ
大阪校 水曜日 18:00から20:00
※レッスン内容により、隔週も有り
東京校 隔週日曜日 15:30から17:30
コント、漫才で必要となる演技力を養う。
又、即興劇などで基礎講座と異なる技術を学ぶ。
選択⑤リポート・ナレーション基礎
大阪校 月曜日 18:00から20:00
※レッスン内容により、隔週も有り
テレビ、ラジオでのレポートで必要な技術を学ぶ。現役で活躍している講師陣から学べる。
選択⑥SNS・動画配信応用
東京校 毎週金曜日 18:00から20:00
SNS、動画配信を用いたファンを増やすノウハウを実践的に学ぶ。

授業は昼から夜間にかけての授業が多いので、
午前中は仕事をしながら養成所に通うことも可能です。

 

カリキュラムは、総合講座(必須)+選択科目3科目となっており、
その他については自分が学びたい科目をオプションとして選択することになります。

松竹芸能養成所入学試験内容について

松竹芸能養成所の入学試験は、吉本のNSCと同じで、書類、面接となっています。

社会人として当たり前のレベルなら入学出来るのではと思います。

Step1           Step2          Step3

一次選考    ⇒   二次選考    ⇒  入学 
書類審査          面接          合格者のみ

 

松竹芸能養成所入学試験で落ちることはあるのか?

あります。極めて少ないのですが不合格者はでるようです。

例としまして、
お笑い養成所に総額350万使った養成所マスターことお笑い芸人のゼウスちかおさんです。

ゼウスさんは、大学を辞めてNSC大阪の入学試験を受けるも不合格(大阪、東京)、

その後、松竹芸能の養成所を受験するも不合格(大阪、東京)になったそうです。

 

その当時、面接では普通に受け答えしたらしいですし、かつ定員割れしていたらしいのですがそれでも落ちたらしいです。

ご本人も悔しかったらしいですが、なぜ?なんでしょうね!

相当危険な人物なんでしょうか(笑)尚、不合格になった理由は今でも教えてもらえないそうです。

ただ、この話は20年前の話になるので現在の状況とかなり違うと思いますのでご参考までに!!

尚、このゼウスちかおさんは、誰でも入れる事務所ソニーを3回クビになっているそうです。

 

現在はフリーで活動されており、YouTube『ゼウスちかおチャンネル』もおもちで現在992人の方が登録されています。

養成所に関する話もされているので気になる方はチェックしてくださいね。

YouTube 『ゼウスちかおチャンネル』はこちら

 

芸能界を取り巻く環境は、一般社会と何ら変わらぬコンプライアンスに厳しい世界になってきているようですので、

書類審査、面接などはふざけず真剣にしないと落とされる確率は現在のほうが厳しいかもしれませんね。

 

なりたい職業に対する思いと、嘘偽りのない書類を提出し、初めからボケないほうがいいのかなと思います。

 

よしもとNSCでは、面接はまじめにしないと落とされるのは有名です。

 

松竹芸能養成所卒業後

卒業後に、松竹芸能所属希望の人は、所属に関する見極めとして再度試験が行われるようです。

そこで不合格になった場合は、技術をさらに磨き他事務所のオーディション等も受けて

芸能活動をすすめることになります。

養成所在学中にも様々なオーディションを受けることも可能とのことなので、

チャンスを掴む機会はあるのではないでしょうか?

松竹芸能株式会社とは

社名 松竹芸能株式会社
本社所在地 〒541-0057
大阪市中央区北久宝寺町2丁目5番7号
支社 〒104-0045
東京都中央区築地4丁目1番1号 東劇ビル14F
心斎橋角座 〒542-0083
大阪府大阪市中央区東心斎橋1丁目19-11号 鰻谷スクエア B1
新宿角座 〒160-0022
東京都新宿区新宿3丁目20-8 トップスハウス4F・M5F・5F
代表取締役社長 関根 康
創業 1956年

 

まとめ

関西では吉本興業につぐ、大手芸能事務所の松竹芸能の養成所について調べたところ、基本35万円/年(税抜)の費用がかかることが分かりました。

授業は午後から夜間で行われることが多いので働きながら受講することも可能です。

迷っているか方は資料からでも取り寄せてみたらどうでしょう?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました